きれいになれる魔法|横浜で美容整形を受けよう

痛みの軽減

婦人

手術前に気になることの一つに「痛み」があります。横浜の美容整形クリックでは、最新の医療を取り入れたり、メスを使用しない手術が増えてきたり、痛みに関しての不安は以前に比べると軽減されてきました。しかし、痛みは出来れば無い方がいいです。そのため、少しでも手術の痛みが軽減される手術方法を選ぶようにしたいと思っている方も多くいるでしょう。横浜の美容整形クリニックでは、患者さんの痛みに対する不安を少しでも軽減できるように努力しているところも多いです。美容整形クリニックによっては使用する注射にこだわり、痛くない施術を目指しています。痛くない注射は、どのような工夫がされているのでしょうか。多くの方は、注射を苦手な方が多くいると思います。美容整形に限らず、麻酔の注射の方が痛いと感じる方もいるぐらいです。横浜の美容整形クリニックでは、世界の中でも細い針を使用しています。注射の針は、細ければ細いほど痛みや出血を抑えることができます。注射を使用する施術は、麻酔以外にもヒアルロン酸の注入などの施術がありますが、注入物によっては細い針の使用をすることが出来ないこともあるので医師に確認するようにしてください。

横浜の美容整形の施術ではいろんな麻酔方法があり、施術方法によって異なります。美容整形クリニックでは、どのような麻酔方法が行なわれているのでしょうか。施術によって麻酔方法を使い分けることで、適切な処置を行なうことが出来ます。脂肪吸引で行なわれるボトックス注入、若返りの効果が期待できるヒアルロン酸注入、タトゥー除去での麻酔には、テープ麻酔を行なっていきます。このテープ麻酔は、施術する個所に30分ほど貼っておきます。痛みを感じにくくなりますが貼る個所も限られ、効果が弱いため他の麻酔と使用されることが多いようです。美容整形の手術では、笑気麻酔というものもあります。この方法は、マスクから吸引するタイプの麻酔です。吸引する成分は酸素と低濃度笑気が約7:3の割合で含まれています。吸引後に、気分を少し高めることができ施術に対しての不安を軽減することができるので安心です。最後に、注射による麻酔です。注射による麻酔は二重整形手術、わきがの治療、ほくろ除去などメスが使われる施術で行ないます。注射の麻酔は細い針を使用し、痛みの軽減を抑えることも出来ます。美容整形の手術では、部位や手術方法によって麻酔の仕方も変わってきます。痛みに不安のある方は医師に相談し、麻酔方法も聞いてみるといいでしょう。

Go to Top